2018年11月10日

箱根でオパール

1811_3.jpg


しっとり小雨模様の箱根。紅葉が始まっていました。

今回はまっすぐラリック美術館へ。オパールを取り入れた装身具と、オパールセントガラスの作品が見られる展示会が旅の目的です。

ルネ・ラリックが宝飾品デザイナーからガラス製品のデザイナー・経営者へ転向を始めたのは50歳を目前にした頃だそう。

19世紀から20世紀への変わり目は人の暮らしも求められるものも大きく変化し続けた、激動の時代。

時代と生きたデザイナーの、普遍的な魅力をもつ作品に、刺激をたくさんもらった一日でした。

2018年11月02日

エキゾティック モダン

1810_7.jpg

秋空が爽やか!
庭園美術館の「エキゾティック・モダン」展に出かけました。
1900年代初頭の、パリにおけるエキゾティシズムを多彩なモノで辿る展覧会です。

この日の目当てはジャン・デュナンの漆芸作品。
菅原精造から漆工芸を学び、もともとの専門分野の彫刻・金属工芸と併せて表現の領域を広げたひと。

装飾パネルと大型の屏風が展示されていましたが、どちらもしばらく眺めていたくなる(眺めていました)、素敵な作品でした。
特に装飾パネルの『栗の木』は、庭園美術館の内装のなかで見ることに意味がある感じ。幸せなひとときを過ごすことができます。
隅っこのサインの下に「漆芸家」と描かれたのをみながら、ジャン・デュナンの、邸宅や客船の内装の仕事をもっと知りたいと思いました。

この日は前日にGINZA SIXのアールグロリューで、傷ひとつ塵ひとつ曇りひとつない手のひらサイズの漆芸品を見たばかり。
どちらもそれぞれのスタイルがあって素晴らしいのです。
改めて、漆っていいなと思った2日間でした。

天気が良いので庭園のほうもぐるり回りましたが、紅葉はまだまだ。
仕方がないから迎えに行きます。

2018年10月24日

三越本店 ありがとうございました

1810_6.jpg

1週間のポップアップショップが無事終了しました。三越本店はリニューアル後のグランドオープン時期で、なかなか楽しい経験ができました。

会期中、お立ち寄り下さった全ての方に御礼申し上げます。
お客様のコメントや、お求めくださったジュエリーのコーディネートのしかたも貴重なヒントになり、毎回本当に有り難く感じます。

次回の三越本店でのポップアップショップは、年が明け春を待つ季節になります。
ぜひまたお会いできますように!
posted by atenari | ニュース / News