2014年07月09日

Diana Damrau as Violetta

ちょうど半年ほど前、お正月休みの間に観たものの中で、ミラノスカラ座の2013-14シーズンのこけら落とし公演『椿姫』の録画映像がありました。

演出もコスチュームも(アルフレード役も)いまサンなのですが、タイトルロールを歌ったディアナ・ダムラウが素晴らしくて、彼女の公演予定を調べた所、6月のパリ・オペラ座でまた『椿姫』を演ることを知ったのでした。
こちらの演出はブノワ・ジャコー、しかも10月に東京でもライブビューイングの予定あり・・・ということで、とても楽しみ!



・・・と楽しみにしていたのですが、楽しみにし過ぎて10月まで待てず、Francetv infoで12月2日まで視聴可能な映像を先に観てしまいました。
(そもそも6月の公演を10月に"ライブビューイング”って言われてもね!)

演出は、新奇性を狙わず、それでいて新鮮な部分もあり、映像として残ることを意識して練られていてさすが。そしてディアナ・ダムラウは期待以上!

10月に映画館で見る方、ハンカチ必携でどうぞお出かけください。
といいつつ、結局私も、映画館へも出かけるかも知れません。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】