2015年05月28日

西へ


150527-3.jpg

姫路市の、日本玩具博物館。 

世界中からそのコレクションを目当てに人が訪れるこの博物館、日本での知名度は低いように思うのですが、”超”のつくお勧めです。
日本の玩具や細工もの、世界のおもちゃの数万点のコレクションがあり、今は「ちりめん細工の今昔」と「世界の鳥の造形」が企画展として開催されています。

ちりめん細工のほうは、産地すら怪しい「郷土みやげ」しか知らなかったので、手技をつくした本物を見て感動しました。
琴の爪を入れて持ち歩くのに使ったという、底まで凝ったつくりの巾着やら、初宮参りに魔除けとして持参したという、蓑をかたどったお守り入れやら。

ただただ、身の回りを美しく工夫する楽しみのために作られた生活芸術品なのに、素晴らしすぎて。
国の宝の美術工芸品が素晴らしいのは当然ですが、名も残らないような女性の携帯品だからこそ、本当の豊かさを感じます。

150527-1.jpg

場所は変わり、坂をうんと上がった先にある、館にて。
静けさと自然に囲まれた、眺望のよい居場所は、今も昔もどの都市でも、成功した人のもの。 緑の美しい季節に訪れることが出来てよかったです。

150527-2.jpg

サードウェーブの、エピソード・ワン。
客層の男女比率や装いがイタリアっぽい、昔からある珈琲屋さん。 細長く分厚いマグ、ラブ。


さてさてそろそろ、秋の準備にとりかかりますよ。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】