2015年10月18日

オットー・クンツリ展


庭園美術館に出かけました。

館内にゆったりと配置された、ほとんどのオブジェクトは、身に着けることのできるメタファー。

コレクターは、形あるこれらのものを手に入れることで、心がどう満たされるのでしょうか。


151015.jpg

これも作品のひとつですが、仮にどこかにピンがついていても身に着けることはできません。
身 ”を” 着けることはできそうですが。

ちょうど日が暮れる頃の展示室内で、薄まった光を集める金箔がとても綺麗でした。


【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】