2016年02月22日

夜光貝のピアス

160222.jpg


今月のNIKKEI ART REVIEWで、映画監督の河瀬直美さんが 「大切な日にする"げんかつぎ"は?」 の問に、 「夜光貝のピアスをつける」 と答えていました。


・・・さすが!


夜光貝が光るときのドキドキする感じは独特で、他のどんな宝石にもないです。

見る角度によって、オーロラのような凄みをもったり光がふっと消えたり。 一筋縄でいかないところに、 魅惑の底力がある感じ。


日本では千年以上前から、室内装飾などで”人を魅了する素材”として使われていた歴史もあります。



ところで、げんかつぎの「げん」って、江戸時代に流行った逆さ言葉で「縁起」のことですって。

「えんぎ」から「ぎえん」、そこから「げん」になったと。 面白いですね。


アテナリの夜光貝ピアス、愛用下さっている方にも、縁起のよいことが沢山ありますように!


タグ:ピアス
posted by atenari | プロダクト / Products