2016年04月05日

PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服


160326.jpg

エコー画像ではありません!

展示作品から、1939年に作られたジャン・パトゥのイブニングドレスの一部。バンブービーズみっしり。


祖母はその時代の女性にしては背が高く、ずっと以前、生前に「若い頃、身体に合う洋服を探すの、困らなかった?」と聞いたことがあります。

それに対する答えは、「昔は既製服はなくて、オーダーするのが普通だったからね」でした。

現代は昔と較べて、より豊か・・・という刷り込まれたイメージが、初めてぐらついたのを覚えています。


そんな豊かな時代のオートクチュール服の展示会は三菱一号館美術館にて、5月22日まで。

少ない点数のなかで、グレのドレスの現代性やディオールのドレスの王道的優雅さが印象的でした。


あわせてお勧め? 『民族服飾の生態』

160403--.jpg

ジュエリーライブラリーで借りた本で、とても面白かったです。
人類は裸体に始まり、装身具から装いをかさね、過剰な装いははじけて逆に脱皮を始め・・・さてどこへ行くのかしら。


ジュエリーライブラリーについて、くわしくはこちら。ひろく服飾・装身具に関する蔵書が10000冊以上閲覧できます。



【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】