2016年07月23日

トワル・ド・ジュイ展

160722.jpg

行くところリストの中、会期終了の近いものからと、トワル・ド・ジュイ展へ。

18世紀の終わりから19世紀頭にかけて、ヴェルサイユ近郊ジュイの工場で生み出された、西洋更紗をめぐる展示会でした。


展示の始まりは、インドからヨーロッパに渡ってきて、人々を熱狂させた最高級の更紗生地。

フランスは国内のテキスタイル産業を保護するために、更紗の輸入も製造も着用も禁止してしまいます。

この禁止令の続いた数十年間、人がおとなしく従ったかというとそうではなく、同時代のどこかの国の贅沢禁止令を思い出させます。

フランスは結局は遅れを取り戻す必要に迫られ、技術者として招かれたのが、ドイツ人の印刷業者クリストフ=フィリップ・オベルカンフ。 (そう、パリのメトロ駅でおなじみの)

彼は独自のデザインと技術開発に取り組んで、大成功しました。 ・・・という流れ。



このテーマは、時間軸に産業データつきで、英国と並べてみると面白そう。 また、インド更紗の何がヨーロッパの人に受けたのかも。


展示会を見終わったあと、心に残ったのはオリジナルのインド更紗の素晴らしさと、更紗を使ったフランスのコスチュームのかわいらしさ。

トワル・ド・ジュイ博物館には、このような、更紗を使ったコスチュームも多く収蔵されているとのこと。

・・・ヴェルサイユでの目的地がひとつできました。



展示会はBunkamuraザ・ミュージアムにて、7月31日まで。 お勧めです!


【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】