2018年09月16日

季節の変わりめに

1808_7.jpg

これは以前買っておいた一冊、ナタリア・ギンズブルグの1962年の本。

どのページを繰っても、いつまでも古びない新鮮なことばが綴られた本は大好き。
そしてその時によって自分の感覚を刺激する部分はさまざまです。

「彼はタリアテッレ、抱擁、サクランボ、赤ワインがお好み」 にお腹を空かせたり。
「天職は人間の、唯一で真の救いであり豊かさである」 に頷いたり。

1809_8.jpg

某所にて、どうでもいい話をしながらポワールのデザートを待つひととき。
涼しくなって、身体がひと息ついている感じ。

読書と食欲の、秋のはじまり。