2019年07月09日

ダチョウのこと

1907_12.jpg

ニセコのダチョウ農園にて。
彼らはほんとうに見飽きない面白い鳥です。

1907_2.jpg

季節のせいか気が立っている者もいて、それがまた見もの。
威嚇のために広げた翼が、無駄に優雅です。

そういえば小学生の頃、動物園での写生会でダチョウを描きました。

顔が面白くてアップ気味に描き始めたら画用紙に胴体が入らず、首だけで終わるわけにはいかないと無理やり胴を描き込んで、予定通り「寸足らずですね」と評をもらいました。


1907_9.jpg

巨大な卵は世界最大の単細胞だそうで、白くて厚い殻は世界各地で工芸品になります。
こちらは先日「ビーズ展」で見た、ボツワナのダチョウ卵殻のビーズ。

1907_10.jpg

丁寧に形を合わせて磨いて、デザインも洗練されていてキレイでした。

卵の使いみちは他にもあり、伺った農園ではダチョウの卵を使ったお菓子を作っています。
出来ることなら目玉焼きを見てみたいものです。