2020年06月24日

黒い瞳

2006_19.jpg

黒い瞳に合うネックレスは、黒蝶真珠のケシと黒い漆で、華やかな黒がポイント。

秋冬シーズンに向けて、「似合う」をもう一段階引き上げる、新しい考え方でジュエリー製作を進めています。


先日は久しぶりに、映画館へ。
『パプーシャの黒い瞳』を岩波ホールで観てきました。

ロマ(ジプシー)の女性パプーシャの属する社会の営み、そして彼女の詩が世に出たときの、その社会の反応が描かれた2013年のポーランド映画です。
大きな美しい風景、火、魅力的な音楽、わざわざ映画館で見て良かったなと思いました。

岩波ホールではしばらく、旧作が週替りで再上演されています。
6月27日からの1週間は『残像』。

ここ数年で心に残った映画のうち、この『残像』と『COLD WAR』はポーランド映画でした。
或る人が社会によって自由と尊厳が損なわれていると感じたとき、自分を通す方法がこのふたつで比較できて面白かったです。


2006_26.jpg

重なるときは重なるもの。
最近の一冊もポーランド作家のものでした。
タグ:ネックレス
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】