2008年11月06日

クーポラ「しろ南天」

cup00200.jpg

こちらはクーポラの帯留めバージョン。
ATENARIの全ての帯留めと同様、ペンダント兼用です。

南天の実は赤いものが一般的で、冬景色のアクセントになりますが、
白い実をつける品種もあるようです。

こちらは地の色を暖かみのある赤の漆、実は白蝶貝を細かい丸に抜いたもので表現しています。
そしてセンターストーンはシトリンのイエローで「難(南)を転(天)じて福(福寿草)となす」と縁起のよい取り合わせになっています。

洋服には、この季節なら、あたたかい素材の黒やグレー、
バニラホワイトの襟元に合わせると素敵です。
ぜひチェーンはチョーカーレングスか、そうでなければ少し長めで。
posted by atenari | ニュース / News