2009年05月29日

strings.jpg



組紐のための糸選び。
100色以上もある絹糸の色見本は見ているだけでテンションが上がります。
特に、白のバリエーションの多さに改めて感心します。

そういえばこんなことがありました。

和装に必須の半襟というアイテムがあります。
全身鏡でみると面積は小さいですが、一番顔に近く、とても重要なアイテムです。

春先のある日、お客さまが真っ白なふんわりとした絞りの半襟をつけていらして、それが素敵でずっと頭に残っていたので、先日再びお会いした際に尋ねてみました。

すると、実は真っ白ではないとのこと。
真っ白だとかえって肌がくすんで見えるので、ほんの少しグレーがかった白を選んだそうです。

装いにこだわる女性はまるで当然のように、微妙な色調にこだわります。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】
この記事へのコメント