2009年11月07日

伊勢型紙・型彫師との歩み 展

銀座もとじさんにて。

今年は春から夏にかけて、”景うるむ”に取り組んでいたので、型紙自体には親しんでいました。
細かく正確な加工は、見れば見るほど人間業とは思えず、この超絶技巧な手作業の実演があるという話を伺いましたので、楽しみに出掛けました。

会場となる店舗は盛況、「普段見られないものが見られる」という熱に満ちていました。

展示会はもちろん型紙を使った反物のほう(藍田正雄さん作)がメインで、素晴らしかったのですが、片隅で型彫師の仕事を実際に見せていただけました。4種類ある彫りの技法の中で、フォトジェニックなのが縞彫りです。

kiribori-2.jpg
彫り出された細い紙の、束。
kiribori-3.jpg
彫り終わった紙を何気なくたわませるだけで。
kiribori-1.jpg
これかなり好きな造形です。
少々展示会の趣旨とポイントがずれましたが。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】