2009年11月15日

レベッカ・ホルン展

たまには現代アート。東京都現代美術館です。
デヴィッド・ビントレーのバレエ『カルミナ・ブラーナ』に出てきたような羽根の、動くオブジェクト。
モーターで少しずつ動いて、しばらく止まって。
現代アートとはいえ、現代の生活では人は、この”少しずつ動くもの”を眺める時間の余裕すら持たないかもしれません。

映像作品がいくつか見られます。
そのうちのひとつ『ダンス・パートナー』を見ましたが、10分くらいかなと思って見始めると結構長く、後で確認したら47分の作品でした。
刺激的なストーリーや奇をてらった映像ではなく、シーンや台詞そのものがみずみずしく全く退屈しない、好きなタイプの作品でした。
全部で8作品見ることが出来ますが、それぞれ20分〜長いもので104分。映像好きなら半日過ごせますね。

同時に開催の『ラグジュアリー・ファッションの欲望』展も、楽しみました。
しかしファッションの展示会って、大抵、年代順の服をマネキンに着せて見せるだけですね。
手抜きもいいところ、それだけで見せられるものって1950年代までのような気がします。

印象に残ったのはクリスチャン・ディオール(ディオール氏の時代のもの)の美しいドレス。決して古びることのない完璧な調和、溜息ものでした。

091115.jpg

帰る頃には夕方の長い光がロビーに伸びて。
暖かい秋の日でした。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】