2010年06月06日

オーケストラ!

観終わった後に喉が渇くほど、涙が出た映画は『ロートレック』以来2つめ。

ソ連時代と今のロシアを何度も行き来しながら、ストーリーを最後まで引っ張っていきます。
雑なところはあるものの、最後まとめるのは音楽の力と、アンヌ=マリー・ジャケ役の女優さん。
やっぱりチャイコフスキーは偉大だな。ってこのセリフ、もう何度繰り返したか分かりませんが。

笑ったり泣いたりで大忙しでしたけれど、とても見ごたえある映画でした。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】