2010年08月14日

ジプシー・キャラバン

少し前に録画して(もらって)いたのを、見ました。
日本での公開は2008年、その時にはその存在を知らなかったのですが、ヨーロッパのニュースでよく耳にするロマ(=ジプシー)について少し知りたかったのと、彼らの音楽にも興味があったので。

映画の冒頭、ツアーのメンバーが「西洋の音楽でロマの音楽の影響を受けていないものはない」と言っていましたが、映画を見終わる頃にはそれがよく理解できました。西洋どころか、中南米のスカから日本の民謡まで、世界中のあらゆる大衆音楽のソースを持っているように思います。

いろいろな国から集まったロマが6週間のツアーの間、常に顔をつきあわせているために、時には諍いや対立もあります。
でも2つの理由で全員が、北インドのバンド”マハラジャ”のメンバーだけは常にリスペクトしていたそう。
それはロマのルーツがインドであるということ、そして”マハラジャ”の人たちがいつも穏やかで微笑みを絶やさないこと。
何だかいい話。

そうそう、ルーマニアのジプシーバンドのバイオリン奏者、最近どこかで見たと思ったら映画『オーケストラ!』でした。
そう、あの人です。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】