2010年09月04日

『和楽』掲載のかんざし

もう9月です。

暑さは相変わらずなのに、空はうろこ雲、そして蝉の声のかわりに年末の声がきこえてきました。
今年中にスタートしたかったモロモロのこと、ソロソロ着手しなくては!

さて、『和楽』9月号に掲載いただいた、銀座もとじさんでお取り扱い中のかんざし。

「もっとよく見たい」というご要望をいただき、こちらでも紹介いたします。

100904.jpg

左は「柳に風」、右が「唐草」です。

両方、着物はもちろん、ナチュラルな雰囲気の洋服にコーディネートしても素敵です。

今なら、まだまだ暑いですから、インド綿のチュニックとか、麻混のシャツとか。

秋冬には、天然素材の”巻きもの”や、アラン編みのセーターにもさりげなくて素敵だと思います。

高級メガネにも使われる素材ですから、肌にあたる感触はやさしく、柔らかく。

「手に馴染む」という表現がしっくりきます。
私自身、この2年くらい一番よく着けているリングは水牛の角に銀蒔絵のもの。

100904-.jpg

これです。普段づかいに、もう手放せない・・。

何より軽くて、肌馴染みがよくて、合わせやすいので、気に入っています。

こちらと同じデザインではないですが、同素材のリングは銀座もとじさんでお取扱いいただいています。ぜひ店頭にてご覧ください。
posted by atenari | ニュース / News