2011年02月11日

NISHIJIN

110211-1.jpg

雪のちらつく東京。
でも梅の木は着々と、ぎっしりと、花のつぼみを蓄えて。


昨年末から始まった、元禄年間より続く西陣織のメーカー、細尾さんとの取り組み。

MANGAやSUSHIのように、NISHIJINを上質なファブリックの代名詞として定着させたい。
その思いが形になったコンセプトショップが今日、2月11日にオープンします。

110211-.jpg

軽く、空気を含んだような”POPPY”。
実際に空気を含み、パフパフっとした触感のコサージュです。

漆や金糸・銀糸、和紙素材など、さまざまな素材がミックスされた、細尾さんの新開発ファブリックを使っています。
パリのメゾン・エ・オブジェなどで積極的に紹介され、名だたるブランドのインテリアファブリックに採用されているそうです。


110211.jpg

こちらは、伝統的な色柄の織物の、一部を小さく切り取ることで可愛らしく変身したアクセサリーです。
ヘアゴムを通したり、リボンを通したりと多目的に使えて、もちろん帯留めにもなります。

色とりどりの素晴らしい織物も元は一本の糸。その糸を巻いたようなデザインで控えめに縁取りました。


お近くにいらっしゃる際にはぜひお立ち寄りください。
ベタな京都みやげを卒業した大人向けの、洗練された素敵なものがきっと見つかります。

HOSOO KYOTO
京都市中京区御池通柳馬場東入ル
TEL:075 221 8888  11:00-19:00/水曜定休
http://www.hosoo-kyoto.com/
posted by atenari | ニュース / News