2011年05月07日

京都にて

京都への出張、用件の前日に、前回クローズしていて伺えなかったユキパリスコレクションへ。

銀閣寺の近く、”哲学の道”の近くにあります。春の水辺に飛び回る虫を除けつつ、向かいました。

古今東西の繊細なアンティークのもの、世界じゅうから集められた作家ものもいろいろとあります。
お好きな方にはぜひお勧めの空間。みっしりと充実した室内ですので、2時間くらいあっという間に過ぎそうです。

この日は「ストーンウェア」について初めて知りました。日本語ではb器(セッキ)というそうです。
初めはてっきり、石をくり抜いて作ったものと思ったのですが、見ているうちに「ちょっと違うな・・・」と思ったのでオーナーに伺いました。

特に目当てのものがあった訳ではないのですが、フランスのヴィンテージのリボンや日本の帯に混じっていた、中国南西部の小さなテキスタルを頂いて帰りました。
袖口に縫いつけて装飾するためにつくられた一対の布、木綿地に絹糸でみっしりと幾何学模様が刺繍されています。

110508.jpg

これは銀閣寺あたりに植わっていたもの。
戻って調べたら、どうやら「ナニワイバラ」という品種のよう。
日が暮れた後の青くほの明るい時間帯、ブルーの陰影を含んだ白い花が綺麗でした。

110508-.jpg

苔の緑がしっとりと綺麗。
時間の経過を含む、古いもの。大事にしたいと思います。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】