2011年06月12日

鳳凰と獅子

サントリー美術館にて。

ここまで絞った切り口でひとつの展覧会に出来てしまうのは、文化に深く根ざしたモチーフだからこそ。

しかもひとつひとつの作品が、違った個性を放っています。

若沖の旭日鳳凰図、1300円払ってこれだけ見たと思っても、高くはないです。
すっごく質の良さそうな顔料を、紙面の隅から隅までたっぷり使った、江戸時代のスーパーフラット!

しかし想像上の動物はあくまで想像上であるべきですね。
「鳳凰と獅子」だから成り立つので、「孔雀とライオン」じゃ駄目なわけです。
変に輸入書物でライオンの模写とか下敷きにしてしまうと、途端面白くなくなります。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】