2011年08月03日

百獣の楽園

110803--.jpg

仕事の合間に、ある方にお勧めいただいた『百獣の楽園』を京都国立博物館で堪能しました。
好きな若沖もありましたが、今回は北斎の『狐狸図』にしばらく釘付け。確か北斎最晩年の作だったと思いますが、胸がキュンとするような本当にいい絵です。
どちらの所蔵品かと思ったら、”個人蔵”だそう。きっと世界中の展示会でひっぱりだこでしょうね。


ところで今回、祇園のあたりを歩いていて気になったのが、これ。

110803.jpg

帰って調べたら「犬矢来」というそう。汚れから外壁を守るという機能だけ満たすには、他に無粋な形状や素材が山のようにあるでしょうに・・・と感心したのでした。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】