2012年02月17日

中国貴州ろうけつ染め展

「祈りと祝福の藍布 〜中国貴州ろうけつ染め展」を見てきました。


どこかの美術館に置いてあったパンフレットの、「貴州」に反応した私。
多分、昨年、京都のユキパリスコレクションで一目惚れして求めた、貴州省の刺繍布が手元にあるからです。
すみずみまでびっしりと展開される細かい柄は、今回見たろうけつ染めにも共通していました。

どちらかというと大雑把な柄行きをイメージする「ろうけつ染め」ですが、展示品の中にレース模様のように複雑で細かな柄のものがあり、とても新鮮でした。
渦巻きや、蝶と魚を組み合わせた上下左右対称柄などは、遠く離れたケルトの紋様にも通じるように思えます。

展示されていた伝統衣装も魅力的でした。
目に美しいだけでなく、おそらく通気性のよい薄い布で身体を守る丈夫な衣服に仕立てる工夫なのですが、2重になった袖や、とても細かく襞をとったプリーツスカートは、アレンジすれば今ここで着られる素敵な服になりそうです。

学生時代、卒論の準備で藍について調べているというと、雲南の藍ろうけつ染めのバッグを持たせて下さった友人のお母様。
「100万円あれば10年暮らせる所よ、ぜひ行ってきたら」と言われましたっけ。

過去に交わした言葉が伏流水のように、時間を経て浮かび上がってくることがあります。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】