2012年08月08日

ルスランとリュドミラ

ボリショイ劇場のこけら落としのオペラ「ルスランとリュドミラ」を録画してもらっていたのを見ました。

長い間、赤毛のアンの「マリラ」を「マニラ」と誤認識していた私にとって、このタイトルはほとんど罠みたいなもの。
無意識に口にすると「リュスランとルドミラ」になります。

さて、ロシアの威信をかけて作り込まれた舞台や衣装の華やかさといったらありません。

ココシュニクが特に、たまらなく魅力的。
すぐにロシアへ飛んでいって、うんとたくさんの民族衣装を見たい衝動に駆られました。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】