2013年02月16日

誠品書店

代官山の蔦屋書店「が」お手本にしたという、台湾の誠品書店のこと。

誠品信義店をさっと見ただけですが、周りにある日系百貨店が突然古臭く見える、新しさがあります。

実際に客層も、周辺店舗より格段にセンスが良いです。


最近よく聞く「”モノ”より”コト”」には、むず痒いような違和感を持っていました。
ある意味で正しいけれども、何か違う感じがずっとつきまとっていたのです。


誠品書店をさっと見てまわってクリアになったのは、モノもコトも、単品/単発の集積でなくラインが必要だということ。
五感や知識欲が自然に広がっていく、嗜好や興味のライン状の仕掛けです。


人との繋がりでさえ、情報網のおかげで、共通の嗜好や興味のライン上に築くことができる時代。

人が欲する人とモノとの関係が先へ進んでいて、それを満たす仕組みは全く足りていない。


そんなことまで考えさせる、視察必須の店舗です。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】