2016年02月29日

ドラゴンのネックレス

暴れる水流や流れる雲から人が想像した、架空の生き物、ドラゴン。


とても気に入っている、清朝の抽象的なドラゴン文様から生まれた新作があります。


20160301-.jpg


昨年6月にこのユニークな真珠を手に入れてから、どんな風に仕上げようかと楽しく考えていたのですが、やっと完成。


ちなみに写真の背景は、ミンダナオ島の芭蕉布。 少しワイルドな質感が、ドラゴンにやたら合いました。




20160301.jpg


こちらは最近たまたま見かけた、野口健さんのヒマラヤの写真です。(映り込みは免れませんが、撮影自由でした)


広がる雲がまさにドラゴンのよう。 「雲龍」ってこのことね・・・としばらく眺めていました。


こちらの写真は、ミッドタウンの富士フィルムスクエアで3月9日まで見られるそうです。



そしてドラゴンネックレスのほうは、3月2日から三越日本橋本店アテナリにてご覧いただけます!

(1点限りですので、すでに姿のない場合はご容赦ください)


タグ:ネックレス
posted by atenari | プロダクト / Products

2016年02月22日

夜光貝のピアス

160222.jpg


今月のNIKKEI ART REVIEWで、映画監督の河瀬直美さんが 「大切な日にする"げんかつぎ"は?」 の問に、 「夜光貝のピアスをつける」 と答えていました。


・・・さすが!


夜光貝が光るときのドキドキする感じは独特で、他のどんな宝石にもないです。

見る角度によって、オーロラのような凄みをもったり光がふっと消えたり。 一筋縄でいかないところに、 魅惑の底力がある感じ。


日本では千年以上前から、室内装飾などで”人を魅了する素材”として使われていた歴史もあります。



ところで、げんかつぎの「げん」って、江戸時代に流行った逆さ言葉で「縁起」のことですって。

「えんぎ」から「ぎえん」、そこから「げん」になったと。 面白いですね。


アテナリの夜光貝ピアス、愛用下さっている方にも、縁起のよいことが沢山ありますように!


タグ:ピアス
posted by atenari | プロダクト / Products