2019年09月01日

三越本店 ポップアップショップのお知らせ

1908_17.jpg

今月のアテナリ ポップアップショップのご案内です。

<アテナリ ポップアップショップ>
9月18日(水)〜10月1日(火)
日本橋三越本店 1階 アクセサリー イベントスペース

写真は夜空色のラピスラズリと組み合わせた金の星のピアス。
パールはペイズリーのようなユニークな形の、奇跡的なペア。
主役級のボリュームがありながら、白・金・ネイビーの定番カラーで構成されているので合わせやすいです。
ぜひアテナリのポップアップショップでお試しください。

今回は2週間のイベントですのでたくさんの新作をご用意しています。
会期まで少しずつご紹介しますので、ぜひお楽しみに!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<アテナリ ポップアップショップ>
9月18日(水)〜10月1日(火)
日本橋三越本店 1階 アクセサリー イベントスペース
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
タグ:ピアス
posted by atenari | ニュース / News

2019年08月31日

マリアノ・フォルチュニ展

1908_20.jpg

グラナダに生まれ、ヴェネツィアに没したデザイナーの、多彩な活動領域を見ることができる展示会です。

ちょうど10年ほど前に庭園美術館で『ポワレとフォルチュニー』展を見ていますが、劇場の照明設計や間接照明による室内ランプを手掛けたデザイナーだからこそ、このコスチュームなんだ。と今回の展示会ですっきり腑に落ちました。

流れるようなシルクのプリーツ、ドラマティックな光沢のベルベット、いずれも女性の身体がそれを纏い、動くことで、やわらかな光の効果が無限に続くしくみ。
展示されたコスチュームは金をはらんだ色調が美しく、よい刺激を受けました。

フォルチュニの生地は現在もジュデッカ島で作られているそう。
トップ写真はパドヴァから運河を船でゆき、海からヴェネツィアにアプローチしたときのもの。ジュデッカ島の目印、レデントーレ教会が見えます。

ところで今回マリアノ・フォルチュニーの生涯に触れてみて、生を受けたこの世では、自由に遊んでいいんだとあらためて感じました。

自分を自分で狭めていることはないか、時々点検しなくては! と思います。

2019年08月17日

真夏のしごと

1908_11.jpg

いつのまにか立秋もお盆も台風も過ぎていました。

この夏は製作が混んでいて、湿度の加減にかなり気を使っています。

蒔絵は漆が固まるのに時間がかかることを利用する工芸技法。
なので、漆の硬化を急激に進める高温多湿環境はとても具合が悪いです。
昔の人はどうしてたのかしらと思いながら、エアコンをフル稼働させ、温度湿度のセンサーも駆使します。

こちらはあと6時間くらい低湿気味にしてゆっくりと、こちらは思い切り加湿して硬化を早めて、と、まるでシェフみたい。

写真の子たちは皆、遠くへ旅立ちます。
可愛がってもらってね。
タグ:リング