2019年07月08日

北へ

1907_7.jpg

雲のからむ羊蹄山。
刻々と変化するのが面白くて、一日眺めていても全然飽きない。

ひととき東京をはなれ、大きな景色の中で過ごしました。

1907_5.jpg

高地にある湿原は、ちょっと等伯風。
霧にとけかかった、神秘的な蝦夷赤松にうっとり。

1907_8.jpg

ラベンダーの香り、フレッシュなチーズ、鳥の声の響きなどで、五感すべてリフレッシュできました。

1907_6.jpg

なにか御用? って顔をしている、この方達のことはまた改めて。

2019年07月05日

青い花のピアス

1906_9.jpg

さわやかなブルー系のピアス。

自然の造形をそのまま活かしたケシパールのピアスは、しっくりくるふたつ(なかなかない!)を探すことから製作がスタートします。

シンプルでナチュラルな、世界にひとつのジュエリーです。
タグ:ピアス
posted by atenari | プロダクト / Products

2019年06月29日

世界の絣

1906_6.jpg

来場者がいつもより多国籍だったような。
新宿の文化服装服飾博物館では、9月10日まで世界中の絣を見ることができます。

無数にある色柄のうち、いつ見ても一番のお気に入りは、インドネシア〜フィリピンあたりの昔のもの。

大胆なアフリカの藍、風を感じる琉球諸島の薄物、南アジアのコクのある絹絣、それぞれに素敵で見応えがあります。


1906_10.jpg

これはウチのかわいい子。
触っていると眠くなるほど気持ちの良い絹絣、カンボジアのピダン。
人物や動物が織り込まれた大判のテキスタイルで、お寺に奉納され天井を飾る目的で作られたそう。
織られた色柄は味わい深くて、ほんとうに見飽きないです。

土地に固有のライフスタイルや素材、作り手と求める人の情熱の交感。
条件が整ったときだけに生まれる美しさ、大切にしたいと思います。