2019年05月04日

イタリア映画祭2019

1905_2.jpg

G.W.の恒例、イタリア映画祭。
今年は『カプリ・レボリューション』と『月を買った男』を見てきました。

『カプリ...』は2時間超えの作品。丁寧に時間をかけてひとつのテーマを紡いでゆく映画です。
主人公ルチアの、岐路に立つたびに自分で選んだ道を進む、すがすがしいほどの人間の太さ強さが印象に残りました。

『月を買った男』はサルデーニャ島の特異性をネタにしたファンタジー・コメディー。
地域自虐ネタ、ここまでやっちゃって大丈夫なのかしらと思っていたら、監督はサルデーニャ出身でした。
村のバールでのシーン、久しぶりにお腹の底から笑いました。ああいう雰囲気の場にいつか居合わせたら、思い出し笑いが止まらなくなりそう。

来年はこの映画祭も20周年だそうで、どんな面白い映画が見られるか、楽しみです。

写真は近所の藤。
藤に菖蒲にバラに・・・外歩きの楽しい季節です。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】

2019年04月30日

横浜にて

190430.jpg

神戸と同じく、そばに海があるという気配だけで落ち着く横浜。
時々、果てのない大きな存在を感じたくなります。

190430_1.jpg

こちらもやはり落ち着く、古い建物の中の一角。
アールデコと和風装飾のミックスが面白い。

190430_2.jpg

この日の目的はこれでした。
ファッションを時間軸で見るのはいつも面白いですし、展示解説からは、大陸と横浜・神戸をまたにかけた持ち主の激動の人生も垣間見れます。
そんな人生の節目に仕立てられた服は、オーダー主の思いがそのまま宿っているようにも感じられました。

展示の最後はブラックフォーマル。
慶弔どちらにも黒を着る日本独自の習慣に合わせて仕立てられた、日本ならではの黒の旗袍は、翡翠のネックレスが映えるという説明でした。確かに格好良さそうです。

美しい旗袍(チーパオ)に進化した大陸の伝統服が、革命がなければその後どう形を変えていたのか、思いがめぐります。

2019年04月18日

東急本店 ありがとうございました

1904_6.jpg

アテナリの1週間のポップアップショップが無事終了しました。
お立ち寄りくださったすべての方へ御礼申し上げます。

行き交うお客様方の素敵なコーディネートを眺めるのは東急本店での楽しみのひとつ。
今回はブローチのご相談がいつもより多かったように思います。
ストーリーのあるブローチは、会話の糸口になってくれる優秀なアイテム。
初対面の方と会う機会の多いこの時期、探していらっしゃる方が多いのかもしれませんね。


さて、日差しはすっかり初夏になりました。
気分を切り替えて、夏をイメージしたデザイン・製作が続きます。
posted by atenari | ニュース / News