2020年04月22日

work in progress

2004_32.jpg

輝きかたの違う2種類の貝のコンビネーション。
以前から試してみたかったので、どんな仕上がりになるか楽しみ。

しかしこの作業、ルーペ越しなので眩しくて仕方ありません。
製作中、角度によっては本当に目がくらみそうになり、慌てて向きを変えたりします。

小さくても存在感があるのはこの光の強さゆえですね。


2004_40.jpg

最近の朝の楽しみだったのに、終わってしまった連載。
実物の、細かいところを眺めたくて仕方ない画ばかりでした。

名残惜しさに、本棚からこんなのを引っ張り出してみたり。

2004_41.jpg

今日もよい一日になりますように。

2020年04月20日

藤の花のかんざし

2004_39.jpg

藤の花モチーフのかんざしを作るのは初めて。

このところ、世界中のクリエイターの「これを機に、チャレンジしてみたかったことを試している」という声を見聞きします。

集中力が必要な、こんな柄もそのひとつかも。

只今、銀座もとじさんのウェブショップで販売中です。(売約済でしたらご容赦ください)


週末は東洋文庫ミュージアムの『大清帝国展』を楽しみました。

休館のまま会期終了してしまいそうなので、ニコニコ美術館での鑑賞。

企画展の準備に携わったミュージアムの学芸員の方が参加して、ミュージアムについての解説や、展示品紹介のトークを見ていきます。

2時間超の番組中、軽妙なトークは時折笑いを誘う楽しいものでしたが、それでも最後は、尽力して準備してきたものをたくさんの人に見せられない悔しさが滲んでいました。 よく、よく解ります!

今回初めて体験したニコ美、期待以上に楽しかったので、ミュージアムロスを癒やしたい方にお勧めです。


2004_34.jpg

今週もよい一週間になりますように。
posted by atenari | ニュース / News

2020年04月18日

新作の羽織紐 2羽

2004_28.jpg

毎年参加させて頂いている、銀座もとじさんの夏のコモノ展。
今年は銀座もとじさんのウェブショップで新作紹介がスタートしています。
「季(とき)をめぐる旅」というテーマで、四季を自由に旅するように季節のシーンや記憶をもとにデザインしました。

写真はふたつの羽織紐。2本?2羽?

2004_30.jpg

「水面につばめ」は初夏のころ、水面すれすれに飛ぶつばめをイメージしたデザイン。

時々、目にも止まらぬような速さで飛ぶつばめ。
軽々とした身のこなしを、思い出しながら造形しました。

グリーンクォーツのカットが複雑なので光をたくさん取り込んできらきら輝きます。
グリーンといってもみずみずしい、ごく淡い色。
濃い色の背景だとほとんど ”輝き” だけが残ります。


2004_29.jpg

「ふくら雀」は和服では人気のモティーフですね。
文様化されたデザインも多いですが、今回は昨冬に見かけたリアルのふくふくしい雀(可愛い!)を思い出しながら作りました。

点々と配置されたスモーキークォーツは何かの実のようで、雀がついばんでいるように見えるのも楽しい羽織紐です。

どちらも1点もので、お取り扱いは銀座もとじさんのウェブショップのみになります。

他にも新作が少しずつアップされています。
こちらのブログでもご紹介していく予定ですので、ぜひ引き続きご覧ください。


2004_31.jpg

今日も良い一日になりますように。
posted by atenari | ニュース / News