2020年08月12日

和巧絶佳 展

2008_6.jpg

パナソニック汐留美術館へ。
1970年以降生まれの工芸作家の作品を、「和」「巧」「絶佳」の3つの章で紹介した展覧会です。

2008_8.jpg

涼しい五角。

2008_9.jpg

麗しい六角。

橋本千毅さんの漆芸作品は、小さくて美しくて圧倒的です。
そもそも漆芸は膨大な手間と時間が必要な仕事ですが、並んでいたものの中には、単位体積あたりの労働力と集中力の集積量で、世界一ではと思えるものがありました。(上回る工芸作品があれば、とても知りたい!)
個人蔵の作品がほとんどなので、これだけの数を一度に見られる機会はもうないかも。

2008_7.jpg

展示作品は(ルオー部屋を除き)すべて撮影できます。
自分のお気に入りの角度を見つけるのも、楽しみのひとつです。

====================================
 ATENARI<アテナリ> ポップアップショップ
2020年9月2日(水)〜8日(火)
日本橋三越本店 本館1階 アクセサリー イベントスペース
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】

2020年08月10日

調える

2008_10.jpg

10年くらい前に初めてサンフランシスコの空港に降りたとき、「神戸に似てる!」と懐かしくなりました。それ以来、神戸に降りるときはサンフランシスコを思い出します。

こんな時期なのでまさにとんぼ返りでしたが、いい買い付けができたので満足、満足。


ポップアップショップのスタートまでひと月を切り、お客様をイメージしながら、あれこれ調えていく時期になりました。
この過程は普段あいまいにしていた物事の優先順位を考えるきっかけにもなり、結構好きです。


2008_11.jpg

くらくらするような暑さの中、クールさで目を引いたピンクの花。芙蓉かな?
さっぱりと前を向いていて気持ちの良い花です。
心が動き、またひとつアイデアが生まれます。

東京では連日、夏の真ん中にいる感じ。
よい1週間をお過ごしください。

====================================
 ATENARI<アテナリ> ポップアップショップ
2020年9月2日(水)〜8日(火)
日本橋三越本店 本館1階 アクセサリー イベントスペース

2020年08月07日

WAGURO

2008_4.jpg

黒のアラベスク。

少し赤茶色をおびた黒い漆を使っています。

コントラストがほどよく、身につけてみると漆黒とは違う明るさと華やかさ、馴染み感があります。

2011年春から西ヨーロッパのテレビ番組を見る機会が増えて、出演者の服装の、自分の瞳の色を基点にした服装が目につくようになりました。
瞳がきれいに見えると印象がはっきりして、盛らなくても華やぐ感じ。

日本人の一般的な瞳の色はブラウンから黒へかかるトーンですが、ファッションの市場で茶を帯びた黒はほとんど見かけない気がします。

そんな訳で今回の新作、黒には少し赤茶を調合して「和黒」と名付けて使っています。
(使うたび "和栗" を連想しながら!)

2008_5.jpg

こちらもWAGUROのアラベスク。
ピンクをおびたパールとの相性がよく、優しいニュアンスでまとまりました。
もちろんピンクは天然の色。きれいです。

ぜひ肌にのせてお試しください。

====================================
 ATENARI<アテナリ> ポップアップショップ
2020年9月2日(水)〜8日(火)
日本橋三越本店 本館1階 アクセサリー イベントスペース
posted by atenari | プロダクト / Products