2019年08月16日

川本喜八郎 人形展

1908_12.jpg

三国志展の流れで。

人形劇三国志の、人形美術を担った川本喜八郎さん。その後もたくさんの作品を作られていますが、2010年に亡くなる直前まで、次作の構想と企画を温めていたそう。

その幻の作品が『項羽と劉邦』で、すでに形になっていた人形数体とカシラ多数が展示された折に出かけてきました。

会場には、『項羽と劉邦』のキャストのほかに人形劇『三国志』の人形も展示されており、川本氏のチームで人形製作されていた方のお話を伺うことが出来ました。

氏は特製の衣装を着けた関羽の人形をお守りのように飾っていたとか、馬の人形(日本語合ってる?)は製作委託していたけれども赤兎馬だけは自身の手で拵え、たてがみ部分のオーストリッチの植毛(?)なども嬉々としてなさっていたとか。
そんな裏話のいろいろもとても楽しかったです。

生涯にわたってさまざまな境遇に見舞われる人物でも、人形の顔は多くの場合、ひとつのパターンだけ。
さまざまな角度から下調べして解釈を深め、その人間の本質を顔の造形に表しつつ、さらにはその人間の末路を暗示するような顔つきに作るのだそう。

時に人形が演じるものが人間の演技を凌駕するのはこういう訳かと、ちょっと怖いような面白いようなお話でした。

2019年08月10日

三国志展

1908_1.jpg

ずっと楽しみにしていた三国志展。
3月の発売日に3594円の3枚セットチケットを購入しておきました。
必要枚数は2枚ですが、そんなことはどうでも良いのです。

写真の関羽像、格好いいです。
中華圏では神様として崇められているので、丁寧に手を合わせる人も。

1908_2.jpg

川本喜八郎さんの人形ではこの人が一番の美形。曹操はCaoCaoと読むんですね。なんだか可愛い。

会場には主なキャストの人形が展示されていて、衣装の刺繍にいたるまで精緻なつくりを眺められます。

1908_3.jpg

定軍山で発掘された撒菱(まきびし)、

1908_4.jpg

董卓の乱で破壊された石碑など、
3世紀に「そこ」にあったものが「ここ」にある!と考えるとドキドキします。
ちなみに会場の展示品の多くは撮影可能。

1908_5.jpg

出品物の出処はこんな感じで、全部まわったら半年かかりそう。
貴重な機会です。

三国志との出会いは、小学生の頃にNHKで放映されていた人形劇。今思うと贅沢なつくりの番組です。
同じ時期に『画本三国志』も全巻手に入れて以降、何度読み返したか分からないほど。

何がそんなに面白いのか自分でもよく分かりませんが、あの頃から30年経ってもやっぱり楽しいひとときでした。

2019年07月31日

三越本店 ありがとうございました

1907_26.jpg

1週間のポップアップショップが無事終了しました。
暑い中、お立ち寄り下さった皆さまへ御礼申し上げます。

次回のポップアップショップは9月後半の予定です。
秋の気配を感じる頃、またお会いできますことを楽しみにしております。

写真は会期中のある日の朝。
新旧のビルと青空のレイヤー、好きな風景です。
posted by atenari | ニュース / News