2020年05月09日

光のキャンバスをつくる

2005_13.jpg

漆で下塗りしてなめらかな面を作ったあと、金箔を貼る作業。

今日は貼るぞ、という日は朝から何となく落ち着かない気分。
私にはとても緊張する工程で、最中は呼吸しているかどうかも不明です。

金を延ばして叩いて、極限まで薄く加工したのが金箔。
漆芸用の一般的な金箔は、光がかなり透けてみえるくらい、薄いです。

今回は1週間ほどかけて2回貼り重ねてから次の工程へ進みます。


2003_22.jpg

5月10日は母の日。
アテナリオンラインショップでは、母の日の贈り物にお勧めのジュエリーをセレクトして販売中です。
シルクコードプレゼント&国内送料無料は、明日いっぱいで一旦終了になります。

詳しくはこちらの過去記事を、ご覧ください。


では、今日も良い一日になりますように!
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】

2020年05月08日

ひとしずく

2005_14.jpg

泡を抱いて寄せる波のような、カリブ海のラリマー。
海の底を見るような、きらきらしたアバロンシェル水晶。

コーディネートの中にひとしずく、小さく効かせる帯留めです。
ビビッドなのに合わせやすい、天然石ならではの懐の深さが魅力。

どちらも近日発売の新作です。
詳しくは銀座もとじさんのウェブショップにてどうぞご覧ください。


2005_12.jpg

5ヶ月前の、南の海。
青と茶の組み合わせは、静けさのなかに野性味が潜んでいて、好きです。

今日もよい一日になりますように。
タグ:帯留
posted by atenari | プロダクト / Products

2020年05月05日

虹のかんざし 初めてのカラーテレビ

2005_10.jpg

螺鈿の貝がカラーグラデーションになるように配したかんざし。
着けているあいだ中、体の動きによって色が変わっていく、ドラマティックな一本です。

貝の色は「構造色」といって、光の干渉によって目に見えるしくみ。
染料や顔料など着色剤による発色とは違い、見る角度によって色が変わることがあるのです。

例えばグリーンが、ちょっと角度が変わるとピンクに見えたり。
そんな素材の特徴を存分に生かした新作です。

たくさんの色(というか光というか)が散りばめられているので、逆にコーディネートを考えなくて済む、使い勝手の良さもあります。

それ自体の丸みと、蒔絵の描く弧の優しいリズムが、後ろ姿の素敵なアクセントになるかんざし。

詳しくは銀座もとじさんのウェブショップにてどうぞご覧ください。


ところで、音楽にも色を感じることがあります。

このところ毎日のようにお世話になっている、ロシアの各劇場の配信プログラム。
コンテンツが豊富で、文化の底力を感じます。

少し前に見た、マリインスキー劇場のアーカイブ。
客演したアレクサンドル・カントロフがアンコールで弾いた「火の鳥」は、本当にたった10本の指で88の鍵盤を弾いているのかという色彩の豊かさでした。
ロシアの観客は大喜び。こちらも思わず拍手。

人がカラーテレビを初めて見たとき、こんな衝撃だったんじゃないかと思ったくらいです。


2005_7.jpg

咲いた薔薇は衝撃の存在感。あの蕾のどこにこんなエネルギーが?
品種は「イングリッド・バーグマン」だそう。

今日も良い一日になりますように。
タグ:かんざし
posted by atenari | プロダクト / Products